2011年06月30日

夏フェア

111


もろもろなもろもろに追われ、久々のブログ更新になってしまいました。
そして、いきなり宣伝ですいません。


夏になると書店にて文庫のフェアがあったりするのですが、
今年はその夏フェアに初参加させてもらっております。


まずは『夏休み』(集英社文庫版¥480)がでました。
未読の方など、この機会にぜひ!



11


こちらのポストカードは、書店の店頭にて無料配布されております。


どの書店に、というのは、こちらでは追い切れてないです。
すいません。


情報がありましたら、ツイッターなどでお知らせします。





1111


夏フェア、というわけで、集英社文庫を一冊お買い上げいただくと、
このようなスタンプが貰えたりします。

詳しくはこちら。ナツイチ2011



また、『僕の好きな人が、よく眠れますように』(角川文庫版¥476)も、
角川文庫の夏フェアに入ってます。

こちらは、発見くんストラップが一冊に一個貰えます。

詳しくはこちら。発見!角川文庫2011

未読の方など、ぜひー
どうぞよろしくお願いします。
僕の好きな人が、よく眠れますように (角川文庫)
僕の好きな人が、よく眠れますように (角川文庫)

  

Posted by nakamurakou at 17:57

2011年04月26日

奇跡、発売!

4月27日、小説『奇跡』が発売されます。
どうぞ宜しくお願いします。

奇跡
『奇跡』(文藝春秋)¥1381

その日、子どもたちは叫び、確かに目撃した。

やがてここに、命は咲き誇るだろう。
世界中の悲しみや災いを、ひととき覆いつくすように、それはここに咲き誇るだろう。





是枝裕和監督とは映画『誰も知らない』のアンソロジー本でご一緒させていただいたことがあって、思えばそのとき僕が書いた掌編小説は、「男子五編」(『あなたがここにいて欲しい』収録)へと発展したのでした。

今回、是枝監督の映画『奇跡』を小説化する機会をいただき、年末くらいから書きはじめ、先日完成しました。
映画とはまたちょっと違う質感の、中村印の小説になっております。


映画『奇跡』は、主演まえだまえださん他、豪華キャスト。主題歌はくるり! 公開は6月です。観ましたが面白いです!
『奇跡』公式サイト

映画も小説も、どうぞ宜しくです!  
Posted by nakamurakou at 16:47

2011年03月01日

初恋ネコ、発売しました!

突然ですが、中村航の生き別れの双子の弟、ナカムラコウさんがデビューします。
彼は児童書をメインに執筆していくようです。


児童小説ですが、もちろん大人でも読めます。小学校中学年〜中学生へのプレゼントにも最適!
3月1日発売! ¥609。


初恋ネコ 1  放課後、いつもの場所で (集英社みらい文庫)
初恋ネコ 1  放課後、いつもの場所で (集英社みらい文庫)¥609


表紙イラスト、挿絵は、『ヤスコとケンジ』『超立!!桃の木高校』のアルコさん!
また初版に限り、羽海野チカさんによるシールしおりが同封されています。

中村航ともども、ナカムラコウをどうぞ宜しくお願いします。
あと恋バナカフェがオープンしています!  
Posted by nakamurakou at 00:01

2011年01月01日

2011

あけましておめでとうございます!

今年がよい年になりますよう!  
Posted by nakamurakou at 01:46

2010年12月14日

私のしたいこと 冬萌え

発売を開始したムック本、『紡』vol.1(実業之日本社)にて、

言葉と絵の贈り物
中村航×宮尾和孝「わたしのしたいこと 冬萌え」

という作品を載せてもらっています。

4-408-63195-7.jpg

  
Posted by nakamurakou at 10:43

2010年06月17日

イベント告知

『あのとき始まったことのすべて』(角川書店)刊行記念トークショー&サイン会のおしらせです。

中村航さんの最新刊『あのとき始まったことのすべて』(角川書店)について、
創作について、作家という仕事について、中村さんを囲んでのトークショーとサイン会をおこないます。

第一回はこちら。


日程】2010年7月6日(火)
【時間】16時30分 開場/17時00分〜19時00分 トークショー&サイン会
【会場】法政大学 多摩キャンパス 社会学部棟301教室
    〒194-0211東京都町田市相原町4342
    公式HP http://www.hosei.ac.jp/
    地図 http://www.hosei.ac.jp/hosei/campus/annai/tama/campusmap.html
【参加料】無料
【お申し込み方法】
    イベントに参加していただくためには、整理券が必要です。
    法政大学生協多摩書籍部にて、配布しております。
       ※定員になり次第、受付を終了致します。詳しくは下記へお問い合わせくださいませ。
       ※学外から参加を希望される場合は、必ずお問い合わせ頂き、ご案内に沿って
         お申し込みください。
    【人数】先着120名                 
【主催】法政大学生活協同組合多摩読書倶楽部
【協力】角川書店、もの書き同盟、金原ゼミ             
【お問い合わせ先】法政大学生活協同組合書籍部  TEL:042−783−2236


第二回はこちら。


【日程】2010年7月14日(水)
【時間】16時30分 開場/17時00分〜19時00分 トークショー&サイン会
【会場】横浜国立大学 付属図書館 メディアホール     
    〒240-8501 神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台79-6    
         公式HP http://www.ynu.ac.jp/index.html    
         地図 http://www.ynu.ac.jp/access/train_south.html
【参加料】無料
【人数】先着順
     ※定員になり次第、受付を終了致します。詳しくは下記へお問い合わせくださいませ。
【お申し込み方法】
    イベントにご参加頂く際には、事前にお申し込みが必要です。
    在校生の場合:横浜国立大学生協会館店書籍カウンターにてお申し込みください。
    学外から参加を希望される場合:必ず下記お問い合わせ先にご連絡頂き、ご案内に沿って
    お申し込みください。            
【共催】横浜国立大学生協読書推進委員会「友蔵」
     横浜国立大学付属図書館
     横浜国立大学キャリア教育部「キャリア教育講演会」
【協力】角川書店
【お問い合わせ先】横浜国立大学生協 大学会館 書籍カウンター
             TEL:045-335-1126

  
Posted by nakamurakou at 17:23

2010年05月14日

トークショー

神奈川県、がくせい、あきさんからのお便り


こんばんは。
私の大学生協でのはじめての買い物は、航さんの「あのとき始まったことのすべて」でした。

話は飛躍いたしますが、、
東大駒場キャンパスでの講演会、すーごい行きたかったです!
前々から宣伝ポスター(チラシ?)を見て知ってたのですが、今生協のメールマガジンで改めて宣伝が来て、いたたまれなくて、勢いでメールを書いている次第です。
(ちなみに今回のメルマガ、航さんのことばっかり書いてあります♪)
さぼれない授業がかぶっていて、とても悔しいです。


 

とのこと。どうもありがとう。ぜひ、またの機会に!


というわけで、5月19日の水曜日、まだ定員まで少し余裕があるそうなので、
告知しておきます。当日いきなり来てもらっても、『多分』大丈夫という『予想』ですが、絶対ではないので、心配な方は予約をしてくださいね。

あと、お越しの方には、角川書店のブックカバーがもらえるそうです。
それを、航さまサイン入りブックカバーに、ステップアップさせることも可能かもしれませんね。無理かもしれませんね。

以下告知です。



大学生協イチオシ作家熱烈応援キャンペーン
中村航さん「作家という仕事」

『あのとき始まったことのすべて』(角川書店)刊行記念トークショー&サイン会開催!
 
中村航さんの最新刊『あのとき始まったことのすべて』(角川書店)について、 創作について、作家という仕事について、中村さんを囲んでのトークショーとサイン会をおこないます。
 
【日程】2010年5月19日(水)
【時間】16時30分 開場/17時00分〜19時00分 トークショー&サイン会
【開場】東京大学 駒場キャンパス コミュニケーションプラザ北館2階多目的教室4
〒153-8902東京都目黒区駒場3-8-1
公式HP http://www.u-tokyo.ac.jp/index_j.html
地図 http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/map02_02_j.html
【参加料】無料
【申し込み方法】イベントに参加していただくためには、整理券が必要です。
東大生協駒場書籍部にて、配布しております。
(定員になり次第、受付終了。詳しくは下記へお問い合わせくださいませ)
【人数】先着120名
【主催】東京大学消費生活協同組合
【協力】角川書店
【問い合わせ先】東京大学消費生活協同組合駒場書籍部
TEL:03-3469-7145

  
Posted by nakamurakou at 10:39

2010年04月23日

トークイベント

5月19日(水) 17時より、
東京大学にて、トークイベントをします。

『あのとき始まったことのすべて』刊行記念トークショー&サイン会、「作家という仕事」

学生じゃない方も申し込めます。無料です。

詳しくはこちらを参考にしてください。
お待ちしております。

  
Posted by nakamurakou at 10:08

2010年04月21日

新刊インタビューなど

ウェブで見られる『あのとき始まったことのすべて』のインタビューです。

HMVオンライン

webザ・テレビジョン

あと発売中の雑誌、ダ・ヴィンチでも著者インタビューに答えています。

  
Posted by nakamurakou at 04:16

2010年03月02日

ありがとうございます!

ブログですが、もう少し頑張って、更新頻度を上げようと思います。
(と、何度か昔にも書いた気がしますが…)

今後ともどうぞ宜しくお願いします。


それから、右のバーのリンクから、ネットで書籍を注文していただいている方、
たいへんありがとうございます!

こちらから注文していただくと、ネットショップからいくらかの手数料収入があるのですが、そちらはチャリティアフィリエイトというものを利用して、自然保護団体などに寄付させていただいております。

おかげさまで、サイト開設以来、そこそこな金額を寄付することができました。

ありがとうございます!

  
Posted by nakamurakou at 23:01

2010年01月25日

あなここ文庫版、発売!

東京都、21歳、学生、ショウコさんからのお便り。


中村せんせい、はじめまして!

今日、『あなたがここにいて欲しい』を読みました。
わたしのお気に入りフレーズは、

いつだって何かが足りない、吉田くんはそう思う。

というところです。
その文を読んだとき、なんだかきゅんとして共感できました。
就職活動や人間関係で迷ったり考え込んだりと、
何とも言えない日々を送っていたので、心にしみるフレーズでした!

中村せんせいの小説は、いつも読んでいて心にフィットするんです。
素敵な小説を書いてくださってありがとうございます!
また何か考えた時はこんな風に感想を送らせてもらってもいいですか?




とのこと。どうもありがとう!!
感想はいつ何時でもお待ちしています。ぜひまた!

あなたがここにいて欲しい
というわけで角川文庫より、発売開始しました。

『あなたがここにいて欲しい』
価格税込み ¥500

「あなたがここにいて欲しい」
「男子五編(and one extra episode)」
「ハミングライフ」の三編を収録。

表紙イラスト:宮尾和孝
巻末解説:長嶋 有


全国書店にて、お会いしましょう!

  
Posted by nakamurakou at 23:06

2010年01月22日

イタチ退散、礼、スイレン咲いた地帯。

埼玉県、会社員、サさんからのお便り。


こんばんは。
以前(といってもだいぶ前ですが)
イタチの回文を投稿させて頂いたものです。
いつも楽しく、ブログを拝見させて頂いています!ありがとうございます◎

単行本を持っている好きな本が文庫になる時はお財布と相談しながらも
「でも、単行本を読んだときと今の自分は
何か変わっているかもしれないし!
今読むこの本はあの時の本と違う本だ!」
なんて理由で自分を納得させて、ついつい買ってしまいます。
「あなたがここにいて欲しい」とっても楽しみです。

なぜ急にメールをしようと思ったのか、考えながらメールを打っています。
たぶん最近のブログのお仕事の話や、好きと憧れの話などが、自分の中で何かつながったような気がします。

高校生のときの進路相談で、何も具体的な進路はなかったのに生意気にも「形に残る仕事がしたい」とだけ漠然と言っていました。
今、自分の仕事が「モノ」として形になりそうなのですが、それは自分以外の方たちの力が本当に大きくて、むしろ自分の力不足ばかりが目立ちもどかしく、じたばたとあがき浮き沈む毎日です。

そんな中で自分の好きな本の中の、日々のひとつひとつを慈しむような場面(たとえば心をこめて入れられたお茶や、アイロンをかけられたシャツ、教授の反復の歩調などなど)を思い浮かべると、心が凪ぎます。
落ち着け、落ち着け、息をゆっくり吸って、と言われているような気がするのです。

そんな風に考えていたら、思いました。
上の事例と並べて考えるのは大変恐れ多いのですが…、
自分の仕事が、今後の誰か一人にでも響く可能性があるものなら、逃げちゃいけない、誠心誠意、真心こめて、なんだろうな、と。

何だか、当たり前のことを、独り言のように書き綴ってしまいすみません。
一番お伝えしたかったのは、世に素敵な小説を生み出して下さってありがとうございます!ということでした。

深夜に長々と、大変失礼致しました。
寒い毎日ですが、どうぞお体にお気をつけ下さい。




とのこと。どうもありがとう!
寒い日々が続きますが、お互いゆっくり、頑張りましょうね。


文庫版『あなたがここにいて欲しい』のお知らせです。
発売は1月25日(月)、定価税込み¥500、文庫解説は、ついに! というか何というか、長嶋有さんです。 また後日、ちょっと詳しく告知します。


あと「小説すばる」で、『SING OUT LOUD』という小説連載が始まりました。こちらは隔月連載。「きらら」では『星に願いを、月に祈りを』を毎月連載中です。

  
Posted by nakamurakou at 13:27

2010年01月14日

あなここ、文庫版!

滋賀県、もちーさんからのお便り。


受験が、早く終わり、暇になった私は、読書に目覚め、中村航さんに出会いました。
ハミングライフから読み始めた私は、一撃で中村航さんの書く文章に惚れてしまいました。
受験→合格→中村航→読書好き
なんか全てがつながっているような気がしました。

自分で書いてて何が言いたいのか分からなくなってしまいましたが、兎に角2010年もよろしくお願いします。


 

とのこと。どうもありがとう!
今年も宜しくお願いします。

あなたがここにいて欲しい
そして、お知らせがあります。
今月末に、『あなたがここにいて欲しい』の文庫版が出ます。

「ハミングライフ」も入ってます。

詳細はまた後日、お知らせします!

  
Posted by nakamurakou at 03:10

2009年11月08日

飛ぶ教室

光村図書出版の雑誌、『飛ぶ教室』vol.19(2009.秋号)に、
『自由課題』という作品を発表しました。
植田真さんが絵を描いてくれています。

  
Posted by nakamurakou at 12:03

2009年05月27日

突き抜けろ!学生時代の滑走路!

熱意あふれる主催者の導きにより、講演会に参ります。

 6月7日(日) 13:00〜14:15
場所は一橋大学、国立キャンパス。

中村航講演会〜突き抜けろ!学生時代の滑走路!〜

当日は学園祭で、誰でも参加できます。
都合つく方はぜひ。 詳しくは以下にて。↓

  続きを読む
Posted by nakamurakou at 20:40

2009年02月12日

『オニロック』の付録、『オニトーク』

ded3b99f.jpg

応援店舗限定リーフレット、『オニトーク』の情報!

『オニロック』に付いてくる、折り込みリーフレット、その名も『オニトーク』!

『オニロック』を応援してくれている書店での、限定配布リーフレットのため、手に入りにくいかもしれません。  入手方法は、

こちら

を参考にしてください。大きな書店が近くにない方にも、何とかお届けできるよう、いろいろお願いしてます。それでも手に入らなかった方はすいません!

  
Posted by nakamurakou at 16:40

2009年02月11日

バレンタインの鬼

c4dcf501.jpg

優しいって、なんですか?

2月14日(土)、イラスト・ストーリー『オニロック』、発売です! JIVEより、定価1429(税別)。

左の書影では分からないのですが、この本を手にとって見てみると、キラキラキラキラキラと、無数の星が光ってます。ぜひ、店頭で確かめてみてください。


ところで、内緒の話ですが、どうもバレンタインデーってのは、別にチョコじゃなくてもいいらしいですね。

何でも男子ってのは、『オニロック』withガルボ・ミニとかだと、かえってすごく喜ぶらしい。

また世間では逆チョコとか言ってますけど、
逆『オニロック』ってのも、女子は喜ぶらしいですよ!


それはそうと、チーム『オニロック』からも、プレゼントの情報があるのです。
それは明日12日の17時に発表します!

  
Posted by nakamurakou at 18:49

2009年01月15日

バレンタインデーの鬼

c4dcf501.jpg

来月、2月14日(バレンタインデー)に、絵本『オニロック』発売です。
ひとまず、本の情報はこちら。


こちらでプレゼントキャンペーンも始まりました。

  
Posted by nakamurakou at 11:57

2009年01月14日

明日のニュース!

6b34b158.jpg

明日、絵本の新刊のお知らせをします。
どうぞお楽しみにー。

ピザーラ、お届け!

  
Posted by nakamurakou at 19:49

2008年12月06日

僕らは膨大な確率の雲の中から、何を言語化し、放つことができるのだろう。

二日前の朝、ザ・たっちの二人とすれ違いました。
その日の夜、チェ・ホンマンさんとすれ違いました。

---info---
楽天ブックスにて、著者インタビュー。
サイン本のプレゼント企画も!

  
Posted by nakamurakou at 22:56